ブログ

或る列車

投稿日:

我が家から最寄り駅は早岐駅です

JR九州大村線

なにげに、博多まで特急で90分と便利なところにあるのですが、

もうひとつの自慢が

あの、ななつ星と或る列車を見ることができる!ということです。

先日テレビで或る列車が取り上げられていました。

或る列車とは

100年の時を超え蘇る、幻の豪華列車

明治39年(1906年)、当時の「九州鉄道」がアメリカのブリル社に豪華客車を発注したものの、
「九州鉄道」が国有化されたため、活躍する機会のなかった「九州鉄道ブリル客車」、通称「或る列車」。
当時の日本で最も豪華な設備を備えていた “幻”の豪華客車が、九州に蘇りました。
鉄道をこよなく愛し、世界的な鉄道模型の神様といわれた故・原信太郎氏が作成した模型。
これを元に、水戸岡鋭治氏がデザイン・設計。
「原鉄道模型博物館」副館長を務める原健人氏が監修。
クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に次ぐラグジュアリーな空間の中、
自然環境をテーマにした料理をつくり続けるシェフ、
成澤由浩氏がプロデュースするスイーツの コースをいただける至福のD&S列車です。

(或る列車HPより)

しかも、知りませんでしたが

キーワードは

ARU

A・・・AMASING 「素晴らしい」九州の魅力を広く紹介

R・・・ROYAL 「豪華」なデザイン 「素晴らしい」スイーツコース

U・・・UNIVERSAL 「世界中」の「皆様」に愛される列車を目指して

というコンプトがあるそうです。

佐世保~長崎 間を往復しています。

大村湾を眺めながらの運行は、たまにしか使わないですが、快速シーサイドライナーでもとっても素敵な景色です。

スイーツもおいしそうだし、乗ってみたいなー!と思っていたところ

早岐駅のキヨスクでこれを発見!

マステマニアとしてはすかさず購入でしょう!

 

と、いうことで買いました。

ホームにおりたら、JRホテルハウステンボスの社長とたまたま遭遇し、或る列車のお話しをしていたら、空きがあるときがあるからぜひ乗ってみてくださいね!ということだったので調べてみました♪

詳細はこちらから

おぉ・・・2名テーブル利用で お一人 25,000円

なかなか素敵なお値段です。

乗車時間は1時間半

問題は片道だということです。

観光客の方はいいかもしれません。

地元民の私としては・・・バスかシーサイドライナーで長崎までいって、乗るか、

または或る列車で豪華に長崎までいって、帰りをバスかシーサイドライナーか・・・。

どっちにしても微妙です。

機会があれば、、、だれか招待してくれれば乗りたいものです!

しばらくの間、マステで我慢します(笑)

あ!

旅のご相談がございましたら、

ヒューマントラベルまで、お申しつけくださいね♪

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

内海 梨恵子

長崎県 佐世保市在住 家業の三代目を目指して精進中 (株)ヒューマングループ/ヒューマンスクール早岐/ヒューマンスクール松浦/リューコス(株) にて専務取締役を務めています 日々の雑感、仕事や家庭との両立のことなどを中心に書いてます

-ブログ
-, ,

Copyright© POSITIVE CHANGE & CHALLENGE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.